一峰大二×痛キモノ 着物 - 株式会社キモノラボ

昭和ヒーロー漫画の巨匠「一峰大二先生」の人気作品「電人アロー」と「風雲ライオン丸」の漫画イラストをメンズ着物にしました!多彩でダイナミックな世界観が大迫力です!

作家プロフィール 一峰大二 Daiji Kazumine

絵物語作家岡友彦の弟子を経て、1956年に『からくり屋敷の秘密』でデビュー(ちなみに漫画家の『桑田次郎(現桑田二郎)』氏は一峰の兄弟子である)。1960年代から1970年代にかけて、多くの特撮ヒーロー作品の漫画化を手掛けており、特にピー・プロダクションの作品の大半を漫画化している。中でも『スペクトルマン』への思い入れは強く、1999年に発売された単行本のために加筆を施したり、2006年には後日談を発表したりしている。 ウルトラ作品の漫画を書く際にはテレビでは描かれない怪獣が多数登場する回を描くことが多かった。 2005年、『画業半世紀一峰大二大全集』で第34回日本漫画家協会賞特別賞を受賞。

一峰大二先生ブログ「漫画生活60年の世界」はこちら>>

『風雲ライオン丸』漫画表紙
『風雲ライオン丸』
原作:うしおそうじ
時は戦国時代。日本征服を企む西日本の地下に潜むマントル一族に殺された兄の仇と、その野望を阻止するため、若き忍者・弾獅子丸が、父から学んだ秘術・弾丸(ロケット)変身を用いてライオン丸に変身し、マントルの怪人と戦う旅に出る。
『電人アロー』漫画表紙
『電人アロー』
月刊誌「少年」昭和39年9月号〜41年12月号連載 彼は人かロボットか?必殺技の電光スピアで悪いロボットや怪獣たちをやっつける、無敵のヒーロー電気サイボーグ・アローが活躍するSFアクション少年漫画。

LINEUPラインナップ

一峰大二風雲ライオン丸 メンズ着物
一峰大二 風雲ライオン丸
メンズ着物/プレタ
【販売価格】¥120,000-(税抜)※仕立て込み
【サイズ】身丈:144cm/肩裄:73cm/袖丈:51cm/前巾:26cm/後巾:32cm
【対応サイズ】身長:173cm前後/洋服サイズ:M〜L
【素材】表地:合成繊維(ポリエステル100%・デジタル捺染)/裏地・胴裏・八掛:合成繊維
【生産国】日本製
【レンタル価格】18,000-(税抜)
この着物をレンタルする
一峰大二電人アロー メンズ着物
一峰大二 電人アロー
メンズ着物/プレタ
【販売価格】¥120,000-(税抜)※仕立て込み
【サイズ】身丈:144cm/肩裄:73cm/袖丈:51cm/前巾:26cm/後巾:32cm
【対応サイズ】身長:173cm前後/洋服サイズ:M〜L
【素材】表地:合成繊維(ポリエステル100%・デジタル捺染)/裏地・胴裏・八掛:合成繊維
【生産国】日本製
【レンタル価格】18,000-(税抜)
この着物をレンタルする

ご注文はこちら

ABOUT ITA-KIMONO

痛キモノとは?

MANGA、ANIMEとして世界的にも広がりつつある、日本のマンガやアニメ作品を、日本の伝統的な着物と融合させた、異色のコラボレーション『痛キモノ(いたきもの)』。伝統的な着物とは一線を引き、とにかく面白い!かっこいい!を追求した企画です。日本のマンガやアニメ作品は、芸術性の高い作品も多く、それらを着物として表現したいという想いから生まれました。萌え画からアクション画まで、幅広いラインナップで制作していきたいと思います!賛同して頂ける方ぜひ私たちと一緒に、痛キモノを制作しませんか?

株式会社キモノラボのサイトTOPへ